山 行 記 録

山名 塔ノ岳(1490m)
木の又大日(丹沢)
登山年月日 2007年12月31日〜08年1月1日 一泊
コース 大倉登山口P〜塔ノ岳〜木の又小屋(泊)〜政次郎尾根〜戸沢
天気 一日目 晴/曇り 二日目 晴 参加者 2名
12/31 一日目
地名 到着時間 出発時間 所要時間 休憩時間
大倉駐車場 9:30
大倉高原 10:30 10:39 1:00 0:09
一本松 11:15 11:20 0:36 0:05
駒止茶屋 11:38 11:48 0:18 0:10
堀山の家 12:08 12:31 0:20 0:23
花立山荘 13:30 13:55 0:59 0:25
金冷やし 14:13 14:13 0:18 0:00
塔ノ岳 14:35 14:49 0:22 0:14
木の又小屋 15:15 15:15 0:26 0:00
合計 4:19 1:26
総合計 5:45
1/1 二日目
地名 到着時間 出発時間 所要時間 休憩時間
木の又小屋 8:00
表尾根分岐 8:30 8:30 0:30 0:00
休憩 9:30 9:35 1:00 0:05
戸沢 9:48 9:48 0:13 0:00
合計 1:43 0:05
総合計 1:48
記録・メモ

大晦日。
恒例の木の又小屋で越年。

大倉尾根を登る。
大倉尾根の関所、堀山の家に顔を出す。
なちゃんが出迎えてくれて、おでんを振る舞ってくれた。
ここで時間を取ってしまうとあとが大変、後ろ髪を引かれるように小屋をあとにする。

花立で暖かい豚汁を食べる。
今日はヤケに寒い。気温およそ4℃、体感温度はもっと低いだろう。
金冷やしあたりから小雪が降ってきた。塔ノ岳山頂は風が強く猛烈に寒い!
うかつにも若干薄着で来てしまった。
休む間もなく木の又へ急ぐ。

小屋では常連さんたちが既に揃っていた。
玄関内の気温−4℃、夜が更けるに従って気温が下がる。−6℃になった。
星が輝き明日の好天を予測しているようだ。

中森さんの話が面白く、夜が更けるまで語り合った。
10時30分過ぎになって就寝。
布団に入っても寒いこと! 襟元がスースーする。
こんな寒い木の又は初めてだった。
modokiさんも同じことを言っていた。

元旦。

元旦は朝から雲ひとつなく好天が広がっていた。
午前6時40分頃、ご来光が顔を出した。
「ばんざ〜〜い!」
みんなで万歳三唱。

朝食はお雑煮と目玉焼きなど。
朝食が終わると三々五々、身支度を調え小屋をあとにした。
塔ノ岳から天神尾根を下る組。蛭ヶ岳まで縦走する人。様々だ。

我々はmodokiさんと政次郎尾根を下った。
ここは久しぶりだ。
伐採が進んで、政次郎の広い尾根が一本の道に縮まってしまっていた。
戸川からはmodokiさんの車で大倉まで送ってもらった。
おかげで時間が短縮でした。

午後1時には帰宅した。
天気といい、ご来光といい、幸先の良い元旦スタートだった。


写 真】
 
写真のコメント/左:塔ノ岳手前で鹿に出会う。。 右:2008年元旦のご来光。

HOME| |戻る